情報機器

【ブログに必須】0SIMの通信速度は遅いが、我が家は実用的と満足

こんにちは、ヒツジ執事です。

現代人にとっての超重要アイテムとして、 “スマホ” が存在します。

しかし超重要であると同時に、大きな問題があります。

それは、端末機器代金も毎月利用料金も、家計に相当な負担をかけるということです。三人家族でも大変な出費です。

我が家や友人宅では、この問題を0SIMというMVNO(SIMカード)によって乗り越えています。

そして私の場合、ブログ運営に0SIMが欠かせない存在となっています。

本エントリーでは、0SIMの嬉しさを紹介させて頂くことにします。

0SIMとは

0SIMとは、So-netが提供する通信サービスです。

NTTドコモ/Au/ソフトバンクと同じように、So-netの提供するSIMカードをスマホに装着すれば、Web/メール/ツイッター/LINEといったアプリを利用できるようになります。

いやいや、「同じように」は正確ではありません。

OSIMやmineoなどのMVNOと呼ばれるサービスでは、NTTドコモ/Au/ソフトバンクの通信回線そのものを使用(借用)します。

違うのはSo-netなどの業者は通信回線を借用するため、通信速度が遅くなったりするのです。もしくは利用料金が安くないとか、何かが犠牲になります。

0SIMの場合に犠牲になるのは、”速度” です。

それから毎月500MBまでは無料で利用できますが、それを越えると100MBあたり100円を、追加利用料金として支払います。

ともかく “安い” です。

数年前に雑誌付録で0SIMが登場した時は、ネット上で大騒ぎになりました。

私などは近所のコンビニで何冊も販売されていたので、悪友に頼まれて大量購入しました。

その時の店員さんの “微妙な表情” は、今でもシッカリと覚えています。(^^;)

(しかしコンビニの方が先に閉店してしまうとは思わなかった…)

0SIMの通信速度

500MBまでとはいえ、毎月の利用料金は無料です。

SMSや通話可能とすると毎月料金が発生してしまいますが、それでも業界屈指の低価格です。

その代わり、最も遅いと言い切っても差し支えないです。通信開始時はソコソコの速度ですけれども、あっという間に遅くなります。

旅先で奥様のAuからテザリングさせて貰ってWeb検索する時など、いつも感動します。

でも驚く人がいるかもしれませんけど、私は0SIMをメイン端末のiPhone 6Sで利用しています。

それなりに使い物になるのです!

たしかに一時期は、ユーザ激増と回線容量の関係で、問題となった時もありました。

しかしSo-net側でデータ転送方式を工夫する等の対応があり、今では快速急行の車中からでもメールやLINEが可能です。

ツイッターもチェックできます。乗換案内も大丈夫です。

会社で急ぎの用事が出来た時には、Amazonや楽天で注文することも可能です。

この前など、SMARTalkというIP電話まで使ってしまいました。

さすがにAmazonのPrime Videoといった動画ストリーミングは無理ですけど、予めダウンロードしておくという手段があります。

つまり使い方次第で、十分に役立ってくれるということです。

周囲でも利用者が多い

ちなみに0SIMをメインで利用しているのは、私だけではありません。

高校時代からの知り合いも、0SIMをメインで利用しています。

私が購入した雑誌の付録だった0SIMを、知人Aが貸与したスマホに組み込むことで、ようやく彼はスマホデビューしたのです。

今では旅先の温泉で撮影した画像を、メールに添付して送信してくれたりします。

ちなみに彼も、IP電話のSmarTlakを利用しているとのことです。

そして知人Aも、0SIMを利用しています。

メインではありませんが、なんと会社の部長さんでも利用者がいます。

会社では給料が最も高くなっている年頃のオジサマたちが0SIMを使っているのです。

あまりの普及率の高さに、感動してしまう程です。

ブログに必須

そんな0SIMですが、どうにもならないのがWebアクセス(Safari)です。

特に快速急行の車中からだと、何分たっても表示されないWebサイトが存在します。

自宅やスタバといったWIFI環境であれば、iPhone 6Sでもサクサクと閲覧できます。完全にネットワークというか、通信環境の問題ですね。

こればかりは「じっと我慢」の一択です。

しかし悲観することばかりではありません。

“すっぱい葡萄” ではありませんが、どこのMVNOでも同じようなものです。(つまり負け惜しみ)

NTTドコモ/Au/ソフトバンク契約ならば速いですけれども、相応の利用料金になってしまいます。

そしてブロガーにとっては、遅いために役立つこともあるのです。

具体的にいうと、ブログのデザインと表示速度の改善です。

実はこの「ヒツジ執事の道具箱」にしても、1カ月前までは車中で閲覧できませんでした。停車中に、暫く待っていると少しずつ表示されるといったところでしょうか。

でもこれって、実は改善の余地があったのです。

たまたまサンツォさんという方の “ブログ部” にアクセスしたら、車中なのにアッサリと表示されました。

あまりにサクサクと表示されるので、私の目玉もアッサリと飛び出しそうになる程の衝撃でした。

彼は内容重視で、「内容が9割で、デザインや表示速度は1割の比重」とのことです。

そういう割に、GoogleのPage Speed Insightsでテストさせて頂いたら、なんと満点(100点)近いスコアです。

一方で私はといえば、”スコア37” でした。

なんでも最低でもスコア50以上が望ましいのだそうです。

それでアチコチのWebサイトを参照し、WordPress用に紹介されていた高速化対策を実施しました。

  • .htaccessファイルで圧縮指定
  • .php.iniでも圧縮指定
  • JINオススメのWP Super Cacheを導入

さらに私の場合、さくらのレンタルサーバだったので、PHPをモジュールモードで動作するように設定変更しました。

具体的にやったのは、コントロールパネルにログインして、そこでPHPをモジュールモード対応版にアップデートしただけです。

ここら辺はサイトによっても設定内容が微妙に違っていて、どれが私のWordPress環境にベストなのか分かりませんでした。

このため残念ながら設定内容は紹介できませんが、とりあえず最低でも最低推奨スコア50を超えるようになりました。

今までは快速急行の車中でもストレスなく表示できるようになり、気のせいかアクセス数にも好影響が生じているような気がしています。

ちなみに私の手元には、父の形見のiPhone XS Maxがあります。またMikanお嬢様はiPhone 6 Plus(これも0SIM)を利用しており、画面サイズの異なるスマホで表示チェックすることが出来ます。

さすがに2回線持ちは辛いですが、0SIMならば全く問題ありません。

そういう意味でも、ブログの運営に0SIMが必須と言い切れる状況だったりします。

まとめ

さすがに「逃げるのは恥だが楽で良い」というか「OSIMは遅いが楽で良い」とまでは言えませんが、0SIMのおかげで大変に助かっています。

我が家では2名が0SIMメインですし、ブログのチェックにも欠かせません。

必須だという理由も、お分かり頂けたでしょうか。

そういえば最近は、nuroモバイルと名称変更されたとのことです。

ちなみに私の場合、毎月の利用データ量は600MB程度です。つまり100円-200円程度は支払っています。

最近ではNTTドコモ/Au/ソフトバンクでも毎月1GB程度のプランが登場しているようですが、皆さん料金設定が上手いなあと感心させられます。

またノマドSIMという大容量&低価格データ通信サービスも登場しています。

0SIMに落ち着いて数年経過していますが、そのうち心動かされるサービスが登場するかもしれませんね。

そういえばNTTドコモ/Au/ソフトバンクの中古端末が、契約者でなくてもSIMロック解除OKとなりました。

MVNOも、ますます賑やかになるでしょうか。

そういえばMikanお嬢様のiPhone 6 Plusは秋頃のiOS 13に非対応なので、新端末を調達する必要があります。

しかし “誰でもSIMロック解除オッケー” により、0SIMは安心して継続利用できそうです。嬉しい限りです。

それでは、また。