ブログ運営

「あんちゃ」さんは「ブス」だったかもしれないけど、「かわいく」なった

こんにちは、ヒツジ執事ヨツバセです。

先天的に文章を書くことが得意でない私は、文章を得意とする系統のトップブロガーさんたちが羨ましいです。

(得意な方々は、マンガのHUNTER&HUNTERに喩えると、「文章系」あたりが適当ですかね)

今回はそんな私(物販系)が、ふとしたキッカケで執筆屋「あんちゃ」さんと、間接的に関わることになってしまいました。

まじまじまぱーてぃー

彼女に関しては、「ブス」か「可愛い」で、議論が生じた時期があります。

これは当時の状況が分かって来た今だから言えるのですが、彼女は「ブス」から「かわいく」なりました。

今日は彼女が講師となったセミナーに参加した方々などを通して、その様子を紹介したいと思います。

また今回は欲張って、ブログ記事の書き方に関しても、本記事の発端となったサンツォさんや参加者さんたちを通して勉強させて頂くことにします。

「ブス」「可愛い」論争

「ブス」「可愛い」論争を知ったのは、つい3か月くらい前のことです。

その時の私は3,000PV/月を超えて、1万PVへ効率良く達する方法を模索していました。

そのために参考となるブログを探していて、サンツォさんの「ブロブ部」を閲覧させて頂いた時に、「あんちゃ」さんの存在を知りました。

この件がSNS/ブログ業界界隈を騒がせた2017年当時の私は、会社と家庭に全てを捧げた会社員であり、それだけで一生を終える予定でした。

既に2011年頃には、訳あって試行したブログからは完全に足を洗っていたのです。

当時の「あんちゃ」さんは彗星の如く登場し、”キュートなげっ歯類顔とキレのある下世話なネタ” で多大なアクセス数(PV数)を集めた新進気鋭なブロガーでした。

そしてこのような人には良くあることで、「あんちゃ」さんが「ブス」か「可愛い」かで議論となっていたのだそうです。

私もサンツォさんと同じで、“若い女の子ならだれでも可愛いと思ってしまう年齢にさしかかりました今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?” という年齢です。

とりあえず最後まで一通り目を通して、そのまま気持ち良く忘れ去っていました。

「可愛い」じゃないか

そんな「あんちゃ」さんですが、意外なところから私の人生に “再登場” しました。

私と同じく、HUNTER&HUNTERに喩えると、200階以下で闘っているブロガーに「パパンダ」さんというライターさんがいます。

同じく子育て中だし、SimilarWebでは同程度の順位ということもあって、ときどきアクセスしていました。

その彼がセミナーを開催し、そこで「あんちゃ」さんが講師として登場したのです。

[パパンダの年子育児ライフ] なにも考えずに発信しますか?それとも誰かの役立つ情報を発信する?岡山ブログカレッジ(#岡ブロ)第27回目が開催されました。(2019-08-16)

セミナーが終わってホッとしたということもあるかもしれませんが、本当に「可愛い」ですね。

出典:パパンダの年子育児ライフ
[出典:パパンダの年子育児ライフ]

なお同レベルなので私にも同じことが言えると思うのですが、「パパンダ」さんの記事は改善の余地が大いにあるように見えます。

彼の文章は読みやすいし、文章のリズムも良いです。私からすると、本当に羨ましいです。

しかし「ブロブ部」のサンツォさんがTwitterでツイートしていましたけど、一つ一つを「なぜ」で問いかけると改善点が見えて来ます。

  • なぜこの記事を書くのか?(趣旨)
  • なぜこのタイトルなのか?
  • なぜこの章構成なのか?
  • なぜ関東や関西向けにPRしないのか?
  • なぜ「あんちゃ」「人気」「PV数」などを検索語に使わない?

私も岡山へ赴くような暇が無いのが残念ですけど、機会があったら是非いちどブログ論やブログ運営論を語りあってみたいです。

もちろん彼を支える人は承知でしょうし、一家の主が無理して潰れてしまっては大変ですけど、素晴らしい記事内容ばかりです。あともう少しで天空闘技場の200階(国内6桁)を卒業して、200階以上(国内5桁)に到達できそうに見えます。

今回は開催者として忙しかったとは思いますけれども、もう少し「あんちゃ」さんの講演内容に対して受けた印象を語って頂けると嬉しかったです。

もちろん他の参加者さんが紹介してくれているので情報量で困ることは無いんですけど、パパンダさんの記事は「えっ、もう紹介は終わり?」と吃驚してしました。

「可愛さ」を証明

さて、いよいよ「可愛さ」を証明することにしましょう。

パパンダさんですけど、各参加者さん達のブログ記事や主催者記事へリンクを貼って下さっています。

素晴らしいです!

リンクを本記事でコピーすることは、ルール違反ではないでしょう。しかし彼の応援のために止めておきます。(リンク集はコチラ)

  • 中高年男子による美人インフルエンサーあんちゃさんのイベントレポート
  • 売るべきは”モノ”ではなく”ストーリー” ‘執筆屋あんちゃ’が語る「真の情報発信」とは? | ドクナリ!!
  • 大義を掲げ情熱を言葉に。あんちゃさんはかっこよかった! 岡山ブログカレッジレポート | なこラボ
  • 発信したその先。 第27回岡山ブログカレッジ参加レポート – マンボウのうっかりライフログ
  • 【27回 岡山ブログカレッジ】あんちゃさんによる講義「応援される発信・孤独な発信」 | きびナビ

「参加者だから」と言われてしまうかもしれませんけど、既にタイトルからして「ブス」ではありませんね。

それはともかく、既にサンツォさんがデータを使って定量的に分析しています。同じことをやっても意味がないので、私は定性的に証明してみましょう。

つまり「可愛い」の定義から始めるのです。明鏡国語辞典によると、大きく4つの定義が存在します。

  • まもり慈しみたいと思わせるさま
  • 外見・しぐさ・性格・行動様式がほほえましく、愛情を感じさせるさま
  • 小さくて愛らしい
  • どことなく心をくすぐるところがある

つまり彼女が、私たちに愛情を感じさせるような言動をしていれば「可愛い」訳です。

で、なこラボさんの記事から画像を引用させて頂きましょう。


[出典:なこラボ]

たしかにサンツォさんが分析するように、「あんちゃん」さんは “キュートなげっ歯類顔” のように見えます。

でも “げっ歯類顔” だからブスだとは限りません。実際、当部署の “げっ歯類顔” のお嬢さんは、彼女を知る者たち(ただし旦那さんを除く)の全てが、「可愛い」と言います。

彼女はちょっと気の強いところもありますが、それもまた「可愛さ」の要素になったりするんですよね。


[出典:なこラボ]

でも “なこラボ” の「なこ」さんの記事によると、自ら壁を作り、人の言うことを聞かない意固地な時期があったとのことです。

そういう時の人間って、どうしても内面が表情に出てしまいますよね。

そう考えると、たしかに「ブス」な顔をしている時期もあったと言えそうです。これは「あんちゃ」さんも認めて下さることでしょう。

また内面が荒れていると、自らの手入れも疎かになります。

本当にムズカシイですけど、過度でない適度のストレス、規則正しい生活、食事、運動が実現できれば、石田ゆり子さんのように輝き続けることが出来るかもしれません。

“マンボウのうっかりライフログ” の「マンボウ」さんも、「話を振り返って、前回見たあんちゃさんと、今回見たあんちゃさんでは、少し雰囲気が変わったと思います。もっと落ち着いた感じというか、にじみ出ているものが違うのです。」とのことでした。

人間、笑顔でいられることが一番大切ですね。

ブログ記事の書き方

さてそれでは、ついでにブログ記事の書き方です。

特に “なこラボ” の「なこ」さんは素晴らしいです。

タイトルは目を引くし、構成も内容も明快です。本記事なんかより、遥かに素晴らしい内容です。

講演内容を的確に理解して、自分の言葉で表現しています。

おまけに、まとめでは「シンプルでスタイリッシュなファッションで、かわいくて凛としているあんちゃさん。」と締めくくっています。

(「ブス」というのは2017年頃の話なので、もう今では「可愛い」一択ですね)

「まだまだ試行錯誤中」とのことですが、私から見るとSEOが足りないだけです。

つまり幾ら内容が素晴らしくても、Google検索やSNS流入がないと、アクセス数(PV数)は増えないということです。

それさえ心がければ、「あんちゃ」さんとまでは行かなくても、立派なプロハンターというか「一流ブロガー」へ仲間入りできるかと思います。

一方で、ちょっと残念な方もいらっしゃいます。

せっかく顔出しで有名ブロガーが講演しているのに、フリー素材の画像を使っている人がいます。

今ではiPhone 11でなくてもカメラ性能は十分に良いのだから、主催元と本人に許可を得て撮影した画像を載せた方が良いです。

Googleが先日発表したように、”オリジナル” であることは貴重な価値があります。

(せめて今からでも引用許可を頂いて、画像を差し替えた方が良いかと思います。そのままだと私と変らんでしょ?)

あと彼女の著書を、最後の纏め部分で紹介していない方もいました。

ブログを書く者としては、「最後まで読んで頂いて、そこで彼女の著書をポチっと購入して頂く」が理想だと思いませんか?

それから、もし幸運にもGoogle検索で上位表示されるようになった時、今の記事タイトルでクリックして貰えそうでしょうか?

ここら辺は、実は私も経験しています。

今でも十分に見直し箇所山積みですけど、これから過去記事をリライトして、最初の頃の “黒歴史” を葬り去る必要があります。

私も参加者の皆さんと一緒に、バリバリ頑張って行きたいと思う次第です。

まとめ(「あんちゃ」は可愛い)

と、いう次第で、昔の「あんちゃ」さんは「ブス」だったかもしれないけど、今は「かわいく」なっていると結論しました。

彼女のことをもっと知りたい方は、ブログもあるし、本も出版されています。

私はサンツォさんが「心の中の師匠」(お会いしたことない)ですが、「あんちゃ」さんの文章も悪くないです。彼女の文章やブログ運営法を参考にするのも良いでしょう。

そういえば ”きびナビ” のアサノさんも「あんちゃ」さんと面識あるとのことですが、「話し方や雰囲気も柔らかい印象に(昨年が激しかったというわけでない)。」と変化した印象を受けたとのことです。

人は「人と人がくっついて出来上がった漢字」でしたっけ?

ともかく自分のことだけを考える段階から卒業して、周りの人たちと仲良く生きて行くということの大切さを体感した彼女は大したものですね。

人生はいろんなことが起こるので、生きていくだけでも簡単ではないです。しかし今後も彼女の笑顔が続くことを楽しみにしています。

それでは、また。