ブログ運営

ブログで稼ぐというのは想像以上に大変だと分かった件(楽しさが大切)

こんにちは。10年ぶりにブログを本格再開したものの、今回は苦労しているヒツジ執事の静です。

ここが勝負どころだと思ったので、今後の戦略を練るための記事を書こうとして、目次を作成したら精神論(構想)になってしまいました。

これはこれで面白そうなので、今回は状況報告と構想を語ってみることにしたいと思います。

先月は先々月の半分(漱石さん一人)

まず先々月は、漱石さん二人分程度でした。その殆どがアフィリエイト収入でした。

先月は漱石さん一人分程度でしたが、アフィリエイト収入は半分程度に留まりました。つまり半分程度は広告収入だった訳です。

ありがたいことに、Googleさんからもお便りを頂戴しました。アフィリエイトの場合は紹介する商品が購入者さんから不満出たりしないか心配になりますが、広告収入だと若干気が楽です。

とは言え、先々月はラッキーだったということが明らかになりました。ブログ再開4か月経過という点を考えると、少々寂しいものがあります。

伸び続けているけど100PV/日程度

寂しいといえば、PVも寂しいです。ようやく少しは読みやすい文章が書けるようになって来たように感じていましたが、PVという数字は正直です。メインサイトで約100記事、このサイトで30記事程度ですが、約100PV/日という状況です。

参考にさせて頂いた “すこみみ” さんは17記事で1000PV/日程度だそうなので、月とスッポンです。(それよりも美女と野獣に喩えた方が良いでしょうか)

ブログでアクセスを得て収益を上げるには3,000回くらい絶望するのだそうですが、1つの記事で2回、つまり300回程度は絶望しているような気がします。

ちなみに “すこみみ” さんはGoogleアップデートでアクセス激減したそうですが、それでも約200PV/日程度だそうです。面白い記事を書く実力の違いを、まざまざと見せつけられたような気もしています。

私生活では致命的トラブルが続出

絶望しているのはブログだけではありません。下記記事のように、子供が三途の川を漂うというか、風呂の中を漂う事件がありました。

おまけに父親は脳卒中で倒れるし、「もやしメンタル」には相当辛い状況です。

普通に考えたら、呑気にブログなど書いている状況ではないかと思います。

実際、ベトナム戦争の米国帰還兵に喩えると申し訳ないのですが、PSTD (Post Traumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害)だとか急性ストレス障害のような状態のような気がしています。

もちろん風呂の中を漂った当事者ではなくて、私自身の話です。(当事者は風呂に入れず母親待機でシャワーを浴びていますが、それ以外はいつも通りです)

ウキペディア:心的外傷後ストレス障害

ウキペディア:急性ストレス障害

もはやお金ではなくて意地の問題

そんな訳でと言うと、「どんな訳?」と質問されてしまいそうですが、もはや当初のお小遣い稼ぎといった呑気な雰囲気ではありません。

尼子家再興のために「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈った山中幸盛のような心境です。

もともと中途半端な覚悟でブログ再開したつもりではありませんでしたが、文字通りの「命懸け」といった雰囲気になって来ました。滝に打たれる修行僧のような心境でしょうか。

ただし生まれつきお気楽な性格のようで、変に暗い顔つきになるようなことは無いようです。それよりも、従来以上に型破りな行動をするようになっているような気がします。

どんな行動をしているのかはブログネタになる程のものであり、おいおい順を追って報告させて頂きと考えています。

目指すは前田裕二さん

私はTOEICを20年かけてスコア950まで伸ばしたり、ブログネタに困らないような人生を送って来ました。しかしこれは別に、私だけに限った話ではないです。

たとえば最近は若手起業家の前田裕二さんに興味があるのですが、彼は自身の著書やインタビューで、8歳の時に母親と死別した経験を語っています。

もっぱらお兄さんに育てて貰ったそうで、そのお兄さんにも頭が下がります。(お兄さんは家庭の事情のため、大学進学を見送ったのだそうです)

そういえば私の弟も、前田裕二さんと同じ早稲田大学の政経卒でした。こういった点でも、親近感を覚えているかもしれません。

とりあえず私も、今は幾十にも及ぶボールペンとモレスキンに囲まれています。彼のコメントする必要条件は満たしているようです…..

“僕は、何かに熱狂している“オタク”であることが、価値創出の根源になると考えます。あることについて、めちゃくちゃ詳しくて、好きで好きでたまらない。いつだって、ついそのことばかり考えてしまう。”

それからインタビュー記事で説明されているように、”熱” だけでは足りません。喰霊というマンガのマイケル小原さんも言っていますが、“愛” が大切です。(この歳になると、臆面もなく言えるようになるものですな)

それにしても彼は本当に大した人物で、少なくとも私が30歳の頃とは比べ物になりません。

“僕は、人生の時間が有限だからこそ、自分の幸せの原動力が何かを明らかにしたいと考えます。”

これ、余程の人生を送って来ない限り、50歳を過ぎても「有限」とか「幸せ」って実感できないです。もちろん知性や才能が素晴らしいことは言うまでもないですが、この「実戦経験」がハンパないと驚いています。

とりあえず彼の真似という訳では無いですが、3月までお世話になった方々に区切りとして、御礼のプレゼントを贈ってみました。(気持ち程度に過ぎない代物ですけど)

まとめ (10年読まれる記事が目標)

さて話が脱線してしまいましたが、せっかく頑張っているブログでもあるし、今回は「運」と「熱」と「愛」を忘れることなく突き進んでみたいと思っています。

ともかくブログで稼ぐというのは、想像以上に大変なようです。

「ようです」というのは、今の私はブログを書くことに「熱」を持ってしまっているので、ある意味で楽しく書けてしまっているのです。この点はモノ書きに良くあることですけど、幸か不幸か苦労しないようです。

ただし「稼ぐ」ためには自分の熱を上げているものに入れ込むだけでは不十分で、読者の方に「読んでみて良かった」と思って貰えるような、“愛” を届けることが大切かと思います。

という次第でして、「構想」は固まって来たので、あとはタイトルに興味を持って読んでみた方に喜んで貰うことによって、本当の「楽しさ」を実感できるようになることでしょうか。

そういう訳で、引き続き頑張って行きたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

それでは、また。