ブログ運営

自ら人柱となってブログを吹っ飛ばして記事整理した顛末記

2020年10月5日、東京証券取引所は終日の取引を停止しました。

昔の私にとっては、他人事ではない事態です。実は私、昔はそういう方面の責任者でした。

それにも関わらず、伝説級の失敗をやらかしてしまった訳です。ブロガーの忘年会があったら、間違いなく「今年の間抜けベスト10」にランクインするような気もします。

今回は一体どうして大失態をやらかしてしまったかと、その後の顛末記を紹介させて頂くことにします。

破滅を運命づけられた者

まず最も宜しくないのは、私のブログ構築スタイルだったりします。

私は「さくらインターネット」を5年くらい利用しているユーザですが、WordPressは使っていませんでした。

で、2018年頃に好奇心を持ってしまい、WordPressサイトを立ち上げてみた訳です。

その頃は公式マニュアルが整備されていなかったので、ネットで遭遇した記事を参考に作業しました。

好奇心に負けたとはいえ、このように安直なやり方は宜しくありません。

記事は分かりやすく記述されていましたけど、技術的には内容を理解していない初心者が書いたことが一目で分かりました。

なぜなら「さくらインターネット」の管理コンソールを見ただけでも、ファイアウォール等の設定項目があります。

インターネットへ接続する部分で最も重要となるセキュリティに関して、説明記事は一言も言及していないのです。

このような時、プロは状況をキチンと把握してから行動します。

そういうことをやらなかった時点で、私は破滅を運命づけられていた者だった訳です。

移転開始

さて肝心の移転作業です。

月日は流れ、いわゆる「古くなった旧サーバ」から「WordPressに対応した新サーバ」への移行に着手しました。

現在では「さくらインターネット」も、ユーザ向けマニュアルを公開して下さっています。

移行に関しても同様にマニュアルが存在しており、今回は初めて「スナップショット」を利用しました。

このスナップショットの取得は、あっけないほど簡単でした。「DBもバックアップを取得しています」とメッセージが出た後で、正常終了したことが報告されます。いつものバックアップよりも進行状況が分かって便利です。

しかし順調に行ったのは、この段階までです。

旧サーバでスナップショットを取得し、新サーバで展開する… 理屈は簡単です。

が、何度やってみても展開対象のスナップショットを表示させることが出来ません。いや、「レンタルサーバ全て」ならば選択可能なのです。

ところがお目当てのWordPressだけのスナップショットだけは指定できません。最近はファイル単位でのバックアップ/リカバリが当たり前な時代になっています。何かがおかしい気もします。

しかし今回の場合、どうも旧レンタルサーバ全体が新レンタルサーバで展開されるボリューム単位のようです。よくよく読むと注意書きが存在し、マルチドメイン非対応とのことで、間違いはなさそうです。しかしそんなことをしたら、新サーバで稼働中の新WordPressサーバたちへの影響が心配です。

そのような訳で、地獄への直行便の予感がする「ファイルマネージャーを利用したバックアップ/リカバリ」へと突入しました。

最大ファイルサイズの壁

対象となるWordPressサーバのデータ(ファイル)ダウンロードは簡単でした。ファイルマネージャーを使い、対象ディレクトリをZIPファイルに圧縮します。それを手元のマシンにダウンロードするだけです。

問題はアップロードです。さくらの場合、なんでも最大5MBという制限があるのだそうです。これ、どうすれば良いのかは、移行マニュアルにも初心者サイトにも記述はありません。

こうなったら頼るは己の勘だけです。Google先生に相談してみたら、「php.iniを編集せよ」とのことです。

やってみました… ダメでした。そもそも私のやっている設定変更は一体何なのでしょうか。

悩むこと三分間、思いついたのは「php.iniとファイルマネージャーは関係なくない?」です。つまりファイルマネージャーでアップロードは出来ないけれども、WordPressならば可能だという訳です。

そう思って試しにWordPressを起動してメディアライブラリにZIPファイルを投げ込んでみたら、なんと見事に動作するではありませんか。85MBのファイルが一瞬でアップロードされます。

そしてアップロードしたZIPファイルを解凍して、手順に従ってMySQL DBを… えっ、何?

私は迂闊にもスナップショット方式を想定し、MySQLをエクスポートしていませんでした。あ、そういえばさっき、調子に乗って旧サーバのファイルとMySQLを削除してしまいました。

だって、旧サーバの何がどう新サーバに影響するかはイマイチ不安で…

言い訳をしても無駄です。乙女の純真な心と、使ってしまったお金と、削除したDBは元に戻りません。ここはスナップショットで… あ、スナップショットもファイルコピーで調子に乗って、無意識に削除していました。

こうなったらバックアップからのリカバリです。

えっ、リカバリできない?

なになに… DBを保存できるのはスナップショットだけ? たしかにルートディレクトリには旧WordPressのディレクトリが復活しています。

分かりました。もうけっこうです。

実は最初から、WordPressは作り直すのが良いと思っていましたから。

何しろ最初に作成したWordPressは、インストール後にディレクトリやhttps変更を実施しています。しかし現在では、そんな作業は不要になっています。どうもさくらインターネットが環境に適したように、WordPress環境をカスタマイズしてくれた可能性があります。

つまりこれを機会に、さくらインターネットの公式マニュアルに従って作成したWordPressへ移行したいとも考えていた訳です。今日はまだ早いと思っていましたけど、やっぱり手作業で記事を移行させることにしますよ!

そうやって腹をくくり、新WordPressの整備へ着手することにしたのでした。

消えた記事

半ば予想していたとは言え、随分と大変な作業になって来ました。ま、気を落とさずに記事を、記事を…

驚いたことに、旧WordPressディレクトリの中に残っているのは、画像データばかりです。1記事だけ、キャッシュで存在していました。

「暗号化されているのかな?」

シアワセ者の私は、この時点では自分の不幸さに気づいていませんでした。だってココログでは、記事削除後もディレクトリの中にはシッカリとデータが残っており、なんとGoogle検索でもヒットしていたくらいです。

しかし… WordPressは、全く異なる代物でした。記事はMySQLの中にデータとして保存されていたのです!

ここに至って、ようやく私は痛恨のエラーをしたことに気づきました。

MySQLのバックアップ、どこにも存在しません。

時計はすでに午前零時を過ぎています。新サーバで新WordPressが稼働開始したものの、キャッシュから救出した1記事しかありません。

昔読んだマンガに、「お前はもう死んでいる」という決めゼリフがありました。たしかに私はここで息をしていますけれども、WordPressデータは完全に消え去ってしまいました。

万事休す… チェックメイトです。

記事を求めて三千里

もはや疲労と寝不足で、相当ハイになっています。

しかし「あきらめたら、そこでゲームセットですよ」と、安西先生(誰だ?)も言いました。

このような時は、このような時は…

そうです。いつも私は、困った時にはGoogle先生に相談していました。

今回もGoogle先生に… いや、ちょっと待って下さい。

Google検索エンジンは、Googleキャッシュとしてデータを保有しているハズです。たとえWordPressブログであっても!

つまり site:https://ブログ名.com で検索をかければ、無事に記事のキャッシュを閲覧できる訳です。実際、試してみたら可能でした。

ここまで来れば、あと一歩です。

実は新サーバにWordPressブログを移転しようとしたのは、既存ブログのテーマや掲載記事を見直したいと考えていたからです。だったら復活させる記事も、とりあえず人気記事だけにしても良いでしょう。

そう考えると、次に大事になるのは取扱記事テーマを変更するとはいっても、既存ブログ記事で得た検索パフォーマンス情報です。

と、いう訳で、サチコもといGoogle Search Consoleから、検索パフォーマンスデータをエクスポートします。いつの間にかExcelでダウンロード可能になっており、「オッケーGoogle!」というところでしょうか。

そして検索数の多い5記事だけ復活させた午前三時頃、倒れるような勢いでOftoonへダイブしたのでした。

まとめ

という訳で、どれだけ会社で鍛えられても、根本的にお調子者だと救いようがないという顛末記でした。

少なくとも手元にメモを用意して、作業手順を明確にしてから着手するのがWordPress利用者の「たしなみ」でしょうか。たとえどんなにお手軽でも、ITシステムであることに変わりありません。

ただし私としては大失態でしたが、世間的には超初心者がやってしまいがちな「ITシステムあるある」的な内容のような気もします。

そしてどのような悲劇に見舞われても、往生際悪く粘ることで急展開することがあるのも、ITシステムの特徴の一つであるような気がします。

なお私の場合、最低限の記事を復活させた後に倒れてしまいました。明日でジャスト1週間ですが、今日も夕方には37.0度の微熱に見舞われています。

心身に多大な負担をかけたことが原因で、風邪を呼び込んでしまったのかもしれません。ブログが吹っ飛ぶとブロガーが多大なダメージを負うことは、今回の経験で人柱となって実証できたような気がします。

そうそう肝心のアクセス状況ですが、全123記事のうちで21記事を復活させて、アクセスは前月比で半分程度です。なんかジワジワと落ち込みつつあるようです。ただし同時に新記事投入しているので、なんとなく暫くアクセス数は維持できそうです。

でも、この記事を読んでくださったあなたのような「柱の人」ならば、何があっても大丈夫だと思います。おそらく、たぶん。

それでは今回は、この辺で。ではまた。

—————————–
記事作成:よつばせい