情報機器

iPhone XS MaxからiPhone 11 Proへ移行しない私

こんにちは、ヒツジ執事ヨツバセです。

もともと私のメインは、現在でもiPhone 6Sです。

そんな私が父の形見としてiPhone XS Maxを入手したのですが、どうもメインがiPhone XS Max移行となりそうです。

iPhone XS Maxを下取りに出してiPhone 11 Proを調達しても良さそうなのに、どうしてそうしないのでしょうか?

今日はその理由を紹介したいと思います。

iPhone 6Sの弱点

もともと私は奥さんの使わなくなったiPhone 6 Plusを使っていました。

しかしそれはMikanお嬢様にお譲りし、iPhone 6sを調達しました。

最大の理由はブログをチェックする時、まだiPhone 6s/7/8ユーザが大多数を占めると考えたからです。そのくらいiPhone 6s系列は人気があります。

たしかに使ってみると、快適です。

今ではアイキャッチ画像のお姉さんのように、百均で購入したスマホケースの裏側にSuikaカードを入れて、「なんちゃってモバイルSuika」として使っています。

しかし私にとっては、大きな弱点がありました。

それが「文字を打ちにくい」です。

フリック入力には慣れているのですが、なぜかiPhone 6sでは操作ミスが多いです。ディスプレイ液晶がツルツルしていることが原因かもしれません。

しかしiPhone 3GS/4S/5時代には経験しなかったことであり、少し驚いています。

ちなみに私はメガネを調整しているので全く問題ありませんけど、iPhone 6s画面でLINEは辛いとコメントする方もいます。

そういう方はiPad(もしくはパソコン)からでもLINEを使えてるので、もし興味がありましたら、ぜひ試してみて下さい。

まずはiPhone版LINEで「設定(歯車マーク)」 –> 「アカウント」 –> 「ログイン許可」 を選択します。

そしてQRコードやメールを利用して、iPhoneで使っているLINEアカウントのiPad側での登録作業を実施します。「設定(歯車マーク)」 –> 「QRコード」です。

こうするとiPadでもiPhoneと同じアカウントを利用できるようになります。そして後になってiPad側のLINEを削除した場合でも、トーク履歴はiPhone側にきちんと残ることになります。

重いiPhone XS Max

先の通りで、私はiPhone 6 Plusユーザでした。重量は172gです。

iPhone XS Maxを持った瞬間には、ズシっとした重みを体感しました。

しかしさすがに208gのiPhone XS Maxは我慢できますが、226gの超モンスター・ヘビー級と化したiPhone 11 Pro Maxには躊躇しています。

ちなみにAndroidだと、こんな感じです。

  • 6.1インチのXperia 5:164g
  • 6.5インチのXperia 1:178g
  • 6.47インチのHuawei P30 Pro:192g
  • 6.8インチ、Galaxy Note 10+:196g

ただしiPhone XS Maxならば、まあ許容範囲内です。

ズボンの尻ポケットには、スッポリとキレイに収まります。私など、通勤時はYシャツの胸ポケットに入れることもあります。

ただし相当、Yシャツの見た目が型崩れします。これは止むを得ないでしょう。

キーボードを縮小表示

何しろ、たとえ見た目がカッコ悪くても、iPhone XS Maxの大画面液晶は魅力的です。

昨日も都内へ出張しましたけど、Google Mapは役に立ちました。

最初は会社支給のiPhone 8を使っていたんですけど、そのうちに拡大表示させるのが面倒になってしまいました。

その点、iPhone XS Maxであれば、そのまま閲覧することが出来ます。

プリペイドSIMカードの残量を気にしながら、最後はMaxさん頼みでした。

(やっぱり格安SIMと違ってソフトバンクの回線速度が出せるって、素晴らしい!)

9/10にはお袋さんにiPhone 6sで拡大画像を見せましたが、やっぱりiPhone XS Maxの方が分かりやすかったです。

また揺れる電車の中では片手操作が基本となりますが、片手操作も可能です。

入力画面で地球マークを長押しすると、キーボードを寄せるかどうかを選択する画面が表示されます。

おかげでLINEで家族とやりとりするとか、メールに返信する程度ならば、困るようなことはありません。

おまけにiPhone 6 PlusやiPhone XS Maxは大きいだけあって、バッテリーが長持ちします。

iPhone 6sやiPhone 8だと、毎日の充電は欠かせません。

某副業ブロガーのマクリンさんが、モバイルバッテリーを買い漁る気持ちも分かります。

この点でiPhone XS Maxはモバイルバッテリー不要なのが素晴らしいです。9/13の都内出張でも、慌てて充電など実施しなくても済みます。

iPhone 6s/8いずれとも残量70%程度で出撃し、仕事が終わった時には残量20%の警告が表示されてしまいました。

こういう時には、「大きいことは良いことだ」を痛感します。

さすがにiPhone 11 Proでは大幅改善されたと聞いていますが、、それでも毎日の充電は欠かせないでしょう。

まとめ(完璧はない)

さて世の中に完璧と言えるものは少なく、iPhone 11 Proには幾つかの技術課題が残っています。

iPhone XS Maxのバッテリー持続時間や使い勝手に「こんなものかな?」と思っている私は移行しないでしょう。

それに何より5Gの存在があります。

5G対応の次期iPhoneが登場するまでは、暫く既存端末で頑張って行くべきだという内容で、家族会議も全員一致しました。

したがってヒツジ執事ヨツバセは、当面の間はiPhone XS Maxを継続利用するつもりです。

(経験則では、こういうことを言うと新発売のiPhoneを買ってしまう自分が存在します)

今回は以上です。

それでは、また。