Macbook

最新版MacbookでのWindows 10インストール不具合への対策

ぱくたそ素材

AppleのMacbookはmacOSで利用するように設定されています。

もちろんWindows OSインストールを支援するため、Bootcampという機能とドライバソフトが提供されています。しかしOSインストールというのは、トラブルに遭遇することの多い作業です。

MicrosoftのWindows 10は成熟しており安定性も高いですが、残念ながら現在のIT技術は発達途上です。

今回は既知のトラブル事例に対して、どうやって対応するのかを紹介させて頂くことにします。

Mikanお嬢様
Mikanお嬢様
父ちゃんはMacbook好きな友だち多いよねー

インストール終了頃に青画面

数十年前はパソコンを使っていると、何かあるたびに青画面に遭遇することが多かったです。ブルースクリーン(Blue Screen)と言います。

(OSアップデート画面が青い背景色に変わった当初は、ドキリとしたものです)

最近の青画面(エラーメッセージで正常起動ができない状態)は、デバイス系のトラブルが殆どです。

Macbookの部品故障は殆どありません。つまりインストール時に青画面が表示される場合は、「たまたま接続していた外部機器」が原因となっていることがあります。

最近ではUSB-C経由でのディスプレイ表示も多くなって来ました。そのため先日も、「外付けディスプレイをケーブルごと取り外したら、青画面で止まらなくなってインストール成功した!」というケースがありました。

インストール時は電源以外の外部機器は接続を外しておく

気長に待つ

先日もCatalinaインストールでハマった学生さんがいましたけど、彼はMacbookがWindowsインストールが進行中だったのに、不具合があったと勘違いしてリセットしていました。

最近のパソコンは高性能になったので、きびきびとレスポンス良く動くようになりました。しかし滅多に実施されることのない作業の場合、素人目には止まっているような状態が起こったりします。

もともとOSインストールというのは、作業者が技術者であることを想定しています。だから未だに初心者からみると、止まってしまったように見えることが起こります。(下手すると数時間は無反応になることもあります)

だからmacOSやWindows 10のインストールで止まってしまったように見えることがあっても、慌てて電源を切ったりしないように注意すると良いです。

(今日も10分ほど反応待ちだったMacbookがありました。最新のMacbookでも仕方ないですね)

画面の反応が無くなっても、数時間は放置して様子見する

事前にISOイメージをダウンロード

現在のBootcampでは、Bootcampの操作手順で「Windows 10またはそれ以降のインストールディスクを作成」という選択肢が表示されます。Bootcamp操作中に、MicrosoftからWindows OSをダウンロードする訳です。

これ、深夜の混雑している時間帯などでは、遅くて翌朝までかかることもあります。だからWindows OSのダウンロードは、あらかじめ日中などに済ませておくのが良いです。(これも処理が止まったと勘違いして、リセットしてしまった学生がいました)

そもそも技術者の基本スキルとして、「なるべく作業は分けて実施する」という原則があります。つまりあらかじめWindows OSをダウンロードしておき、Bootcampではインストール作業だけを実施するのです。

ちなみに私がmacOS Catalinaで試したところ、デスクトップ上にWindows.isoというファイルダウンロードしておいたら、Bootcampが勝手に認識してくれました。

なお実はこのWindows.isoファイルは、別のMacbook ProのWindows 10環境でダウンロードしたものを、USBメモリでBootcampインストールしたMacbookへ移したものでした。

Windowsのインストール用データ(ISOファイル)は、あらかじめダウンロードしておく

データのバックアップを忘れない

別にMacbookのBootcamp環境に限った話ではありませんけど、「ある日突然Windowsが起動しなくなる」というのは、結構お目にかかることです。Appleの誇るMacbookでさえも、この “アルアル” から逃れることは出来ません。

だから昔から、こまめにバックアップを取ることが推奨される訳です。私も一度だけ、突然MacbookでWindowsが起動しなくなった経験があります。

その時はMac OS Xは起動したものの、なぜかWindowsだけが起動しないという症状でした。しかし急にノートPCが起動しなくなるというのは、けっこう生じることです。

と、いう訳で、最新型のMacbookはUSB-Cだからバックアップツールは接続面倒ですけど、iCloudやMicrosoft OneDriveなどを活用することをオススメします。

ちなみにMacbookの話ではありませんけど、Microsoft Excelの使用中にデータ消失トラブルは頻繁に生じます。私も昨年は、なんどなく心神喪失な状態となることがありました。

データのバックアップは小まめに実施

まとめ

以上が、最新版MacbookでWindows 10インストール不具合に遭遇してしまった時の対策方法です。

残念ながらMacbookはMac OS XやmacOSで最大のパフォーマンスを発揮するように設計されているし、OSインストールは現在でも不具合のネタ宝庫です。

できればMacbook、Bootcamp、Windowsオペレーティングシステムに詳しい人を確保してから、インストール作業をするのが良いでしょう。

それでは今回は、この辺で。ではまた。

——————————-
記事作成:よつばせい