マンガ

魔法科高校の劣等生の続編や新シリーズの動向と期待

魔法科高校の劣等生 第32巻

==========================
(2020.9.12追記) 最終巻を読んだ評価や続編へのコメントは別サイトへアップしました。

==========================

“魔法科高校の劣等生” 第32巻である「サクリフェイス/卒業編」が2020年9月10日に発売されると発表されました。

[最終巻] 魔法科高校の劣等生の第32巻と司波達也の始まり悲しい予想が当たってしまいました。2020年9月10日発売予定の「魔法科高校の劣等生」第32巻サクリフェイス編/卒業編が、本編の最終巻に...

そちらは関係者が頑張っているんでしょうけれども、どうも人気シリーズに定番である「迷走」を始めつつあるような気がします。(卒業後の続編とか)

このご時世において、小説は非常に大切な教養&娯楽の機会です。しかし作者が閉塞感を感じているのだそうで、しばらくお休みして充電したら如何かと感じる次第です。

今回は一体何が起こっているのかを、簡単に紹介させていただくことにします。また自分が思うところも、少々語らせて頂きたいと思います。

続編や新シリーズ

まず人気マンガなどには良くあることですが、続編が新シリーズ「続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(仮)」として刊行されるとのことです。

それから十文字家の遠縁とかいう設定で、新登場人物たちによる新シリーズ「新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち(仮)」が刊行されるとのことです。

魔法科高校の劣等生 第32巻

“魔法科高校を卒業した達也たちを描く” という「続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(仮)」は、2020年秋頃には出版予定とのことです。(無事に卒業することを、公式サイトが自らネタバレしていますね)

最終巻である第32巻が2020年9月10日発売予定だから、間髪入れずに刊行されるということです。未だ表紙が公開されていない第32巻ですが、これだけ忙しければ仕方ないかもしれません。

何しろ「新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち(仮)」たちの方は、イラストも作成されています。キャラの描写を変えることは基本的に無理でしょうから、イラストレーターさんも大変だと推察します。

ちなみに「新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち(仮)」の方は、2021年冬頃の刊行を目指して鋭意制作中とのことです。こんな先までスケジュールを決められてしまうとは、作家やイラストレーターさんたちが気の毒な気もしてきます。

作者の佐島勤氏は第31巻の後書きで「閉塞感につきまとわれている」とのことでしたが、閉塞感よりも過労で大変じゃないんでしょうか。ちょっと心配です。

ちなみに作者公式サイトで「前編」と「後編」が公開されており、魔法科高校の入学試験を3月に受けるところで終わっています。もしも日本の新学期が9月とかに移行したら、公開内容には修正が必要となりますね。

現シリーズのように桜が舞う入学風景ではなくなりますし、単純に4->9月とは行かないのが大変なところです。

スピンオフも人気

さてTwitterでは新シリーズとのことですが、「魔法科高校の劣等生」にはスピンオフシリーズが存在します。「司波達也暗殺計画」です。

こちらは絶賛販売中のようで、2020年7月30日時点のKindle Limitedでは無料講読できます。コミック版も販売されています。

こちらはネタバレしてしまうと、作者公式サイトで最後の結末部分以外を無料購読できます。

ちなみに我が家のお嬢様は、興味を示さなくなっています。まだ子供には難しいというところでしょうか。ちなみに近所の図書館で予約をかけてみたら、6人待ちでした。

かつては3人待ちが最大だったので、知名度が上がってきたというところでしょうか。なんかタイトルからして物騒なので、一体どういう方々が予約しているのか興味あります。

まとめ

そんな訳で”魔法科高校の劣等生” ですが、新シリーズや続編の話題が続いています。ただし肝心の最終巻(第32巻)ですが、2020年7月31日時点では予約販売も始まっていません。

予約販売が始まった後で表紙公開されているので、表紙が分かるまで時間がかかりそうです。

なおスピンオフではありませんが、SS編というものがあります。これも含めたセット商品が販売されていますが、全32巻となっています。

これは少し注意した方が良いかもしれません。

それにしても “魔法科高校の劣等生” の知名度も高くなり、いろいろなシリーズや販売方法が登場して来ました。終了すると既発行巻の売上が落ちますが、これならば順調に販売継続しそうです。

しかしそれにしてもメカ描写と技術的っぽい解説が特長の “魔法科高校の劣等生” でしたが、これからどうなって行くことでしょうか。我が家のお嬢様は「バトル場面が好き」とのことですが、さすがにメインキャラの殆どが女性や子供だと、そういう場面も減るでしょう。

私が目に留めてお嬢様に本書をお渡ししたのも、第二巻でCADの同時操作に関するウンチクがあったからです。それが無くなった魔法科高校の劣等生… うーん、なかなか想像しにくいです。

とりあえずお嬢様も私も読者サービスには興味がありませんし、興味を持つ読者は多くないような気がします。ぜひここら辺は、作者や編集者が勘違いしないでいてくれると嬉しいです。

(そうは言ってもラノベなので、難しいところでしょうか)

それでは今回は、このへんで。ではまた。

———————————————————————-
記事作成:四葉静