モンブラン

モンブランの筆記具(ボールペン等)をネットで購入するのは困難(例外あり)

こんにちは、ヒツジ執事です。

俳優トム・ハンクスが数百台に及ぶタイプライターを購入したように、私もモンブランのボールペンを何本も保有しています。

しかし実は新品のモンブランのボールペンは、インターネットでの購入が困難なのです。

今回は購入を検討している方のために、どうして困難であるのかと、インターネットで購入する際のコツを紹介させて頂きたいと思います。

モンブランの販売方針

どうしてモンブランの筆記具(ボールペン等)をオンラインショップで販売するのが困難であるかというと、「販売されていないから」の一言に尽きます。

例えば2019年6月21日時点で、Amazonではモンブランの筆記具を取り扱っていません。逆にクロス、アウロラ、ファーバーカステルといった筆記具メーカーであれば、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」というお馴染みの表示を見ることが出来ます。

ウキペディアには “要出典” と注記ありますが、「モンブランはネット販売をしないように販売代理店を指導している」という記述も存在します。(2019年6月21日時点)

もちろんモンブランのサイトではオンライン販売を実施しています。しかし販売方針などはさておき、Amazonに加え、楽天でもモンブランは出店していません。

このため普通のネットユーザがモンブランの筆記具を購入するのは、なかなか難しいというのが現状です。

営業職の人は契約サイン用にモンブランを利用することが多いので、これはなかなか辛いことかもしれません。

私は新品をお店で購入

では私はどこでモンブランのボールペンを購入したのかというと、まずスターウォーカーは直営店で購入しました。記念モデルだったので、直営店で販売していなかったというのが理由です。

それではマイスターシュテュックをどこで購入したかというと、これは「ヨドバシカメラ」で購入しました。たまたま店舗に立ち寄った際に陳列されていることに気付き、替え芯(リフィル)と一緒に購入しました。

ただし最近では、完全にご無沙汰となっています。

オススメのネット購入方法

まず替え芯(リフィル)ですが、これは少し嬉しいお知らせがあります。中字(M)であれば、Amazonが2本セット商品を取り扱っているのです。(ただしAmazonが販売しているといっても、「正規輸入品」と書いてあるのが若干気になりますが)

そして肝心の本体ですが、これも少し嬉しいお知らせがあります。楽天に出店しているビックカメラが、モンブランの筆記具を取り扱っているのです。マイスターシュテュック、PIX、スターウォーカーといった主流ボールペンを購入できます。

例えば、定番であるマイスターシュテュックのクラッシック(P164)は、こんな感じです。

ビックカメラはヨドバシカメラと同じく、モンブランの正規販売代理店です。おまけに楽天ポイントなども付与されるのが、大変に嬉しいです。

さすがに長年に渡って大量にモンブランを販売してくれていた正規販売代理店(Amazonと違って店頭展示にも力を入れている)には、モンブランとしても相応の対応しているというところでしょうか。

中古品の場合

中古品に関してはモンブランが関与できるところではないので、普通にAmazonや楽天でお目にかかることが出来ます。

私は昔から中古品の取り扱い経験が豊富な “キングダムノート楽天市場店” のお世話になることが多いです。冒頭画像のモンブラン・スターウォーカー油性ボールペンも、キングダムノートさんから購入させて頂きました。

例えば私がボールペンに名前を付けるキッカケとなったモンブラン・ドストエフスキー油性ボールペンなどは、いつか購入できると嬉しいと、虎視眈々と狙っていたりします。

(インク(替え芯)も同じなのに購入したがる理由を不思議がられますが、まあトム・ハンクス氏と同じで微妙に違う感覚や、その筆記具の経てきた「使い手たちの歴史」が私を引き付けるのです)

そういえば他にも楽天ではモンブランのマイスターシュテュックが格安販売されることがあり、購入した経験があります。これらは大抵ネームが刻まれており、長年使われたガタが生じているものなどは、もはや所有者はお亡くなりになっているのかもしれません。

私の場合、そういった方々の人生に思いを馳せながらボールペンを手に取ると、なぜかやる気が出て来ます。タイプライターのように場所を取ることはないし、家族が「やむを得ない道楽」として見逃してくれると、嬉しいと思っています。

(今のところは大丈夫そう….. だと思います。たぶん、おそらく)

ちなみに某ホテルの伝説コンシェルジェさんは、モンブランのボールペンを2本持ち歩いているのだそうです。1本目はホテル従業員として、お客様に見られても恥ずかしくない品格を醸し出すための自分用だそうです。そして2本目は、お客様にお貸しするためのものだそうです。

私が筆記具を貸すことを頼まれるのは奥様が殆どですが、仕事中に貸し出すこともあります。ちょっとワイシャツの胸ポケットに余裕ないのが辛いですが、たしかに2本持ち歩いていて損はないかと思います。

まとめ(最初は店舗購入)

こうやって見ると、初心者がいきなりモンブランの筆記具(ボールペン)をネット購入するのは、相当敷居が高いです。また筆記具は自分にフィットする/しないという問題もあるので、私としては少なくとも、店頭で試し書きすることをオススメしたいです。

もちろん少し使ってくらいで “戦友” となれるかどうかは分かりませんが、少なくとも完全な外れを引くことはないでしょう。

なお私は過去に営業方面で仕事した経験もあってモンブランが多いですが、私の父などはクロスを使うことが多かったです。わずか1年で形見となってしまったボールペンも、クロスのATXベースのようです。

またモンブラン、特にマイスターシュテュックは外すことの少ない鉄板ともいえる存在ですが、逆に利用者も多いです。ビジネスの場面では、マイスターシュテュックやスターウォーカーには幾度となく遭遇しています。

趣味で筆記具に拘りを持つならば、別なメーカーのボールペンを入門用として購入するのも良いかもしれません。

それでは今日はこの辺で。

では。

モンブランの筆記具(ボールペン等)をネットで購入するのは困難(例外あり)