ブログ運営

【苦労話】さくらインターネットでWordPressを立ち上げた件(”さくらのブログ”構築編)

私はニフティサーブ時代からのネット住民であり、今まではココログを使っていた。しかし今回は “さくらのブログ”を経由して、さくらインターネットの独自ドメインでWordPressを立ち上げるに至った。今回は “さくらのブログ” に移転するまでの顛末を語りたいと思う。

(1)ともかくGoogle Searchでsitemap.xmlを
(2)記事欄を、今どきのブログ並みに大きく見やすく
(3)トップにオススメ記事紹介コーナーを作成
(4)記事ブックマーク上にGoogle Adsense追加

さて暫く前に書いたが、私はココログで毎月数万円のアフィリエイト収入を得ていた時期がある。素人が何も知らずに英語学習方法を紹介していただけでなので、効率は悪かった。そのうち忙しさが半端でなくなり、休止に近い状況になった。(ブログというのは迂闊なことを書くとプライバシー侵害や名誉棄損、はては訴訟のリスクもあるので、毎月数万円では割に合わないとも思った)

そうはいっても英語力を強化したいという相談を受けることが何度もあり、そろそろ私もガリレオ湯川学教授のように後進を育てる時期になった。それでブログを再開しようと思った。しかし、どうも勝手が違うのである。

私は物草者なので、わざわざココログにログインして掲載記事を探すのは趣味ではない。Googleで公開情報を検索し、それを紹介することが多い。ところが公開情報が検索でヒットしないのである。最初は一体何事かと不思議に思っていた。

これはいろいろ調べるうちに何となく分かって来たのだけれども、どうも最近のココログはGoogle向けにsitemap.xmlというファイルを作成できていないらしい。Google Searchのユーザなので久しぶりにアクセスしてみたら、サイトマップを取得できない。そして最後に取得出来たのは2017年7月くらいになっていた。

もちろんsitemap.xmlが使えなければ完全にダメという訳ではない。参照回数の多いページは、無事にGoogleの検索でヒットするとのことだ。しかし長年継続していたとはいえ、相当ブログのドメインパワーが落ちている。正直、Googleに拾って貰えるという自信を持ち切れなかった。それにココログはベーシックユーザになってPC版広告は削除できたが、スマホでは広告が表示される状況だった。ちょうどマンション理事会関係で、自腹でテスト的にさくらインターネットを契約していた。”さくらのブログ” は広告が勝手に掲載されることもないし、sitemap.xmlも正常に動作した。そこで一時的に移行をテストしてみることにした。これは結果として、冒頭画像のような相当自信を持てるデザインまで行くことが出来た。

しかし後に続く方がいた場合のために説明しておくと、相当な時間と体力を費やした。さくらインターネットには申し訳ないけれども昔ながらの低解像度のパソコンを想定しているせいか、古色蒼然たるデザインが多い。一行の文字数は少ないし、文字の大きさも小さい。PC版とスマホ版でデザインが違うので、Google Adsenseのような広告をどのように入れるのかも考える必要がある。Google SearchにブログURLを登録するのも一苦労だった。(私も他人様のお役に立てれば嬉しいとは思っているが、子供の教育費やマンションのために、なんと老後の蓄えにまで手を出してしまった。このままだと定年退職と同時に破産してしまう。全くの無料奉仕は正直辛いものがある)

さて不満を言うだけならば誰でも出来る。ともかく少しでも自分とユーザに使いやすいようにと、幾つかの改善に取り組んでみた。今回は、それを紹介して終わることにしたい。

(1)ともかくGoogle Searchでsitemap.xmlを

“さくらのブログ”だと、ブログのルートとなる場所にファイルをアップすることが出来ない。したがって別な方法でGoogle Searchに、私がブログの所有者だと認めて貰う必要がある。この時点ではGoogle Analyticsに登録していたことを覚えていなかったので、メタタグを埋め込むことで対応した。

これはブログの「デザイン」→「PC」→「HTML」を選んで、新たにHTMLファイルを作成る。その新しく作成したファイルは編集可能になるので、headのすぐ後ろにGoogle Searchで指定されたメタタグを埋め込む。これによって無事にブログの所有者だと認識され、sitemap.xmlを利用することが出来るようになった。

(2)記事欄を、今どきのブログ並みに大きく見やすく

これは先ほどのHTMLや記事パーツではどうにもならず、まずはストライプ・レトロというデザインを選択し、その背景の画像やフォントの種類/大きさ/色を調整することで読みやすくなるようにした。スマホは特に問題なかったので、PC表示だけCSSファイルを修正して対応した。挑戦したい人は、下記の画面で “font” などをキーワードに検索すれば、どこを修正すれば分かるかと思う。(逆にいうと、その程度が分からない人は、このようなことに挑戦しない方が賢明かと思う)

ちなみに少し厄介だったのはデフォルト設定でiPadで読もうとするとフォントが明朝体のような感じになっていた点だ。そこでCSSファイルの最後に「できればこのフォントで、ダメならば時点はこのフォント、それでもダメならばこのフォント」という文字を入れ込んだ。

======================================
/* ▼フォント変更▼ */
body {
font-family: “メイリオ”, Meiryo, “Hiragino Kaku Gothic Pro”,
“ヒラギノ角ゴ Pro W3”, “MS Pゴシック”, “Lucida Grande”,
“Lucida Sans Unicode”, Arial, Verdana, sans-serif;
text-rendering: optimizeLegibility;
}
/* ▲フォント変更、ここまで▲ */
======================================

(3)トップにオススメ記事紹介コーナーを作成

そうして次にやったのが、PCやスマホの下にオススメ記事を画像付きで掲載することである。これは楽天などのアフィリエイトの書式を参考に、「コンテンツ」の「自由形式」を追加して、そこにピックアップ記事を入れ込むことで実現した。

ちなみにさくらのブログは自己紹介欄にhtml書式を入れても有効動作するので、そこに「人気記事」などというキーワードで、特定記事へのURLを埋め込むことも可能である。ここまでやると、画面の印象がWordPressのJinなどに近くなって来る… ような気がする。

(4)記事ブックマーク上にGoogle Adsense追加

そして最後にやるのが、Google Adsenseの埋め込みである。これは「コンテンツ」の「記事」を選択し、その右上にある「HTML」を選択し、そこのhtml文章にGoogle Adsenseのコードを挿入した。

挿入する部分はSNSリンクの上が良いとのことで、”bookmark”でその場所を特定した。なお残念なことに、冒頭部分とかスマホ用にGoogle Adsensのコードを入れることは、私のレベルを超えていた。これは素直に諦めて、記事本文にコードを入れることにした。

以上が冒頭の “http://note5.sblo.jp/” を作成するために実施した概要である。

なおここまで頑張って読んで下さった方がいたら、大変に悲しいお知らせをしなければならない。私がここまでやったのに、独自サーバ契約をしてWordPressでブログ作成に切り替えたのには、訳がある。

なんでも最近はhttpでなくてhttpsが一般的になったそうで、ココログや “さくらのブログ” はhttps対応していないのだそうだ。つまりブログにアフィリエイトへのリンクを貼ると、安全な参照(?)ができないらしい。それでここ数か月、httpsに対応していないブログサイトの有名ブロガーが、大挙して独自ドメインでブログ開設することに踏み切ったとのことである。(アメブロやSo-netは対応しているらしいが、まあ確かに個人の趣味向けのブログサイトがhttps対応するのは、システムを大幅見直しする等のキッカケがないと、費用的に実施困難だろう)

と、いう次第で、2か月近くかけて作成した記事と、ブログデザインは、httpsという壁の前にして “勇気ある撤退” という結果になってしまった。

と、いう訳で、さくらインターネットは独自ドメイン向けにWordPressを提供していたりして、さらなる深みにハマっていくのであった。(次回へ続く?)